採用情報

トピックス

2017.05.01

岐阜会場:2017年7月4日(火)  14:00~16:00 会場:株式会社アドキットインフォケーション…

代表メッセージ


家田里香

この会社、確実に若返っています。毎日に『新生』感をもって、齢を重ねていますから。

 1996年の創業より16年。毎年実質成長率130%を実現。この数字を意識したことは、一度もありません。また、他メディアや広告業界、同業他社媒体、社会の景気などもほとんど意識することなく、今に至っています。ただただ、毎日に『新生』感をもって『愛あふれる情報伝達の理想』を実現するべく尽力してきました。 16年間、かなり楽しく、時にストイックに。

ごめんなさい。地球規模の夢を育む販売促進計画しか立てられません。素直に言います。愛する方の仕事しか、アイデアが浮かばないんです。

 ……広告業の面白さは、消費者に、簡潔に、しかも興味深く伝え、感動や安心を与え、購買意欲をかきたて、行動へと導き、それらが大きくうねり始め、社会を変える力になる、その一大プロジェクトに携わることだ……そう答える業界人があふれています。なるほど、誰にでも耳障りのいい答えといえるでしょう。そして、さらに彼らは続けます。……クリエイティブが大事なんだよ、表現力が。ザ・ファースト・インプレッションなんだよね。レスポンスのすべては。……さすがに説得力がありますね。確かに、インパクトは大切です。クリエイティブにもこだわり抜いているのでしょうね。

では、お伺いします。あなた方があなた方の利益とあなた方の大切なクライアントの利益のために発するその情報、あなたの親、兄弟や恋人、子供や孫たち、友人の皆様方に有益な情報ですか?あなた方があなた方の利益とあなた方の大切なクライアントの利益のために販売促進するその新商品、清流や鳥たちのさえずり、消え入りそうな小さな島々の味方ですか?未来社会を悲観するこれからの子供たちに夢を与えてくれそうですか?毎日を優しくしてくれますか?

まだ見ぬ子や孫、ひ孫にまで問うてみます。この仕事、価値あるでしょうか。四世代のコンセンサスが得られた時、私たちは、大きく動きます!

 私たちは、今、大革命を求められるこの時代に生かされること、時代に果敢に挑めることに感謝しなくてはならないと考えています。クライアント、消費者、人、自然が、心地よく共生でき、生命力みなぎる地球社会の創造に貢献したいと願っています。 そのためには、消費者を、そして、地球を裏切らない、本当に価値ある情報の発信に努め、大きなレスポンスを現実の物とし、多くの人々を楽しませ、夢を育むためのうねりを呼び、変わっていくための力を蓄えることです。

四世同堂。四世代の家族が共に同じ食卓を囲めることが最大の幸せであるという意味です。今、健康な暮らしが危ぶまれる中、あふれる優しさで、自分の代を含め未来の四世代のコンセンサスを推し測りながら、この時代に本当に価値あるいい仕事とは何か、を問い、従事できることが理想です。

正直、私たちの仲間、なかなかやります。頑張ります。優しくて勇ましい、そして美しい獣のように、動きます。そのはずです(笑)。

 私たちは理想を求めるのに手段は選びません。最強のレスポンスで、社会に大きなうねりを生み出すことができれば、お洒落じゃなくても構わないのです。その手段は、街のショップガイドと編集記事がぎっしり詰まった情報誌を、雨の日も雪の日も戸別宅配することかもしれませんし、WEB上でスマートにかつ深く、電波でストレートに広く伝えることかもしれません。メディアミックスでタイミング重視の手法もいいでしょう。

常に、最適最良な方法で『愛あふれる高レスポンス』を獲得する自信が私たちにはあります。そして、前述の倫理観、広告哲学を理解した上で、愛情豊かに結果を出し続けられる素晴らしい仲間たちが、皆の誇りです。

バルーン

まずは、あなたの大切な人生の時間を、10分だけください。そうして、あなたの長い人生に、そっと寄り添わせてください。

 情熱風が沸き上がる熱気球『アドキット号』に、燃料は要りません。私たちを求めるあなたの頭上をゆっくりと飛んでいます。
手を振ってみてください。一緒に紺碧の空と海、緑の大地を眺めながら、人生の素敵な追い風を、ゆっくーりと深呼吸してみませんか。

 

 

 

株式会社アドキットインフォケーション

代表取締役社長 家田里香

 

 

 

This company is definitely getting younger. It’s because we’ve spent years approaching every day with a sense of rebirth

It’s been 16 years since our company was established in 1996. We’ve achieved 130% growth every year, but not because we’ve set a numerical goal. Similarly, factors such as the current state of the advertising industry, the activities of other companies, or the economy in general are of minimal concern to us. Very simply, we approach every day with the mentality of rebirth and “providing information services with love. ”We’ve had a lot of fun over these 16 years, but we’ve experienced self-sacrifice at times.

 

I’m sorry. I’m incapable of designing anything other than sales strategies that give birth to dreams. I’ll tell it to you straight. I can only come up with ideas when I’m working with people I love.

There are likely a lot of workers in the field who would explain things like this:“The biggest appeal of this industry is the involvement in a force that can change all of society; by communicating eloquently with the consumer and piquing their interest, by drawing out their emotions and putting them at ease, and in turn bringing them to action. ”It’s certainly a respectable explanation. Most likely they would continue and say, “creativity and the ability to express oneself are so important, since these comprise the first impression and in turn the consumer’s response. ”This kind of explanation has a certain appeal. It’s true that the initial impact is important, and the emphasis on creativity is indispensible.

But let me ask you this. The information that you provide to your clients is the basis for your profits as well as theirs. So do you consider the information you provide to be beneficial to your parents? To your siblings and spouses, to your children and grandchildren? To your friends? That information that is the foundation of all of your profits does it have a positive impact on the streams and the birds, the tiny islands that are on the verge of being erased from existence? Does it give rise to dreams in the children who will support the future of the world? Does it infuse kindness into everyone’s lives?

 

Let’s ask the children, grandchildren, great grandchildren that have yet to come into the world. Let’s ask them if this work really has value. Once we get a consensus from 4 generations, we will work our hardest!

We believe that we must be grateful for the fact that we have been born into a world that is in need of a revolution, and for the opportunity to take on challenges. We are doing our utmost to contribute to a global community where our clients, the consumers, mankind and nature can all live together in harmony. To realize this, we aim to provide information in a way that is loyal to the consumer and to mother earth, and that provides enjoyment and gives rise to dreams.

4 generations of similar values. We believe that having a household where 4 generations can sit around the same dinner table is the ultimate indicator of happiness. In a world where healthy lifestyles are on the decline, we must ask ourselves what kind of work truly has value and think about the consensus of 4 generations of people.